「自分を責めないで」

「自分に優しくしてくださいね」
 
「自分を責めないでくださいね」
と言っても

はて、それっていったい?? 
どうすりゃ良いのん?
 
と思う方が、いらっしゃるようです・・・
 
 
何をかくそう、私もたった数年前までは、 
「そういう思考状態」だったような気がします。
(もはや記憶がおぼろげ。笑) 
 
 
なんだろね。
「好きな事する」だけだよ。
  
休みたいなら、
休むんだよ。 
   
何もしたくないなら
何もしない事だよ。
  
  
で。
どうしても「それ」が 
(乳幼児などが居て物理的に長時間は休めないとか) 
許されない状況なら、 
 
「わたし、休みたいんだな・・・」 
 
「わたし、何もしたくないんだ・・・」 
 
「わたし、家事したくないんだ・・・」
 
まぁ、
何でも良いんですが、
自分が何を思って、
何を望んでいるか、
何を感じているか、 
   
聞いてあげましょ~よ~。
受けとめてあげましょ~よぉ~!
   
 
受けとめる時は、 
トコトン受けとめて受け入れてあげて下さい。   
   
 
「こんな事考えるべきじゃない」
「こんな風に思うべきじゃない」
 
「そもそもあの人に頼るべきじゃなかった」
「私のこの考え方がいけないんだよね」   
 
そういう「自分を責める声」は、
いったん休憩しましょうね。
  
 
「えっ、これって、 
自分を責めてたんですか?
必要な反省だと思ってました・・・」 
 
あのですね、私に言わせればね、 
それ、思いっきり責めてるよwww
 
あのですね、(2回目か) 
「反省」とか「改善」とかは、後で良いから
 
まず一回、 
まるっと受けとめてあげて下さいね。 
 
 
「あなたの中のあなた」が、 
満足するまでだよ。 
 
  
自然に、力が湧いてくるまでだよ。 
 
 
本当は泣きたいのに、
「泣いても解決しないでしょ!」って
イジメないであげてね・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です