「パートナーが怒りっぽい」後編

 
 
「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」 
 
「パートナーが怒りっぽい」前編
の続きです。
 
→パートナーを変えようとする前に
自分に向き合おう。
 
→まずはたった1人で幸せになろう。
 
の、続きです。
 
 
まずは自分に向き合って
自分をケアしましょう
という所まで来ましたね。
 
 
でもさ、
その間にも、
パートナーは怒りっぽい訳ですよ。 
 
 
 
では、その、
怒りっぽいパートナーはどうするの?
 
 
「心の境界線」
引きます。
 
ある意味、見捨てましょう。
  
 
冷たいと思うかもしれないけど
 
 
パートナーの八つ当たりを
あなたが受け入れて
ケアしてしまっている間は
 
 
パートナーは決してそれ(八つ当たり)を
自分自身の力で
どうにかしようとはしないでしょう。
 
(だってあなたが文句言いつつもケアしてくれているのだから…) 
 
 
あなたが
「それはあなた自身の問題ですよね」
「私の責任範囲ではないですよね」
という態度を貫く事によって
 
 
初めて
 
 
パートナーは
自分自身の怒りっぽさ
八つ当たりするエネルギーを
 
 
自分の手に持つ事になるのです。
 
 
 
私の心の傷は、私がケアする。
  
 
パートナーの心の傷は、
パートナー自身が請け負うんです。
 
 
 
(いつも怒りっぽい、
すぐヒステリックになる、
八つ当たりする、人は、
何らかの心の傷があると思われます)
 
 
自分の心の傷は自分が請け負うんです。  
 
あの人には出来そうもない?
あの人は、きっとそんな事はやらないだろう?
  
(はい、そういう方も居るのも存じ上げております) 
 
それなら、
それも彼等(彼女等)自身の選択です。
  
 
ずっと怒りっぽくて
自分の心の荷物を 
誰か持ってよ!
と周りに当たり散らす…
 
 
そのようにして生きていく人も居ます。
 
(それが悪いと言ってる訳ではないです。
幸せになりにくいと言ってるだけ。)
   
 
あなたが自分をケアして幸せになっても
 
 
パートナーが
自分の心の問題を
どうにかする事は…
 
出来ないかもしれない。
 
でも、もしかしたら
 
出来るかもしれない。
 
分からないです。 
 
それは、相手に任せてみましょう。
 
 
境界線を引く事は
ある意味
パートナーの潜在能力を信じる事です。
  
本当はこの人は
私がケアしてあげなくても
大丈夫かもしれない…
パートナーの内側の力を信じる行為です。
 
 
そしてそれは
あなた自身が
「私は私の心のケアが出来る」
「私はちゃんと自立して生きる力がある」
と、自分に対して思えるかどうか…
 
も、大きく関わって来ます。
 
 
相手を信じる為には
まず自分を信じる力が育ってないと
なかなか出来ません。
(だから、やっぱり自分に向き合おう♪)
 
 
  
どちらにせよ
 
あなたも
パートナーも
 
大きな大きな視点から見れば
 
まったく何の問題もなく
 
ただ一生懸命に生きている生命体です。
 
  
その事を忘れずに
 
最終的には
「自分はどうしたいの?」
「自分はどう在りたいの?」
 
自分に向き合って
心の真ん中の本音からズレないでいれば
 
答えは自ずと現れて来ます。
 
 
別れて別の人とやり直すのか
 
または
自分を建て直すうちに
2人の関係性も変化していくのか…
 
 
それは神のみぞ知る…ですね。
 
  
終わり。
 
(ご愛読ありがとうございました)
 

「パートナーが怒りっぽい」前編

「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」
 
 
これはね、
 
 
パートナーが
すぐキレるのを辞めてくれたら
パートナーが
八つ当たりするのを辞めてくれたら
 
自分は幸せになれるし
人間関係に平穏が訪れる…
  
 
と、最初は思いますよね。
もちろん、私も思ってました。
 
 
 
つまり、相手が変われば私は幸せになれると思ってた。 
 
 
 
だけど
 
相手を変えようとするより先に 
やはり
自分に向き合わなくてはいけないんです。
  
 
 
まぁ、自分に向き合うのと
相手とコミュニケーションするの
ほぼ同時進行でも良いけどね。
両方必要だと思うのですよ。
   
 
やりがちなのが
(っていうか私自身が過去にやってたのが)
 
 
 
パートナーは
どうして怒ってるのかな。
あー、ストレス溜まってるんだな…
私が◯◯してあげたら良くなるかな?
よし、◯◯してあげよう!
 
 
→まだ怒ってる!どうして?!
 
 
からの
 
→こんなにしてあげてるのに!
酷いよね?!
 
 
すぐここまで来れちゃうんですよ。笑
 
 
はい、ここまで来ると
 
 
「怒りっぽい人」と
 
 
「怒りっぽい人に対して
我慢に我慢を重ねて
突如盛大にブチ切れる
めんどくさい人」の
 
 
相性最悪カップルの出来上がりなんです。
 
 
 
「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」
  
 
なので、これに対して
どうにかパートナーを変えようとする…
より「前にまず」
自分に向き合いましょうね、という事です。
  
 
何をするかというと
 
まずは
 
・自分の幸福を相手に預けるのを辞める
  
 
と言う事です。
 
 
 
「パートナーが優しくなってくれたら…」
「パートナーが◯◯してくれたら…」
 
 
これをいったん全部諦めてみてください。
 
 
(昔の私はこれを絶対に考えたくなかったのでw
泥沼にずっと居ました)
  
 
あなたが 
たった1人だとして
 
パートナーが居る居ない
関係なくて
たった1人だとして
 
 
幸せかどうか?
 
 
自分の足で立ってるかどうか?
 
 
 
もし
幸せじゃないなら
何が足りない(気がしてる)のか?
 
 
 
もし
1人じゃ生きていけない…
とか
1人じゃ寂しい…
1人じゃ耐えられない…
 
 
 
と思ってるなら
 
それはいつから?
そして、何故なのか?
 
 
「誰にも求めて貰えないなら価値がない」
なら、
 
そもそも
「価値がない私」をベースに
なんとかそうじゃなくなるように
頑張って生きてるって事ですよね。
 
 
  
そもそも
そのままの私じゃ価値がないと思ってる。
 
 
けど
誰かに愛されたら価値がある
より素敵な人に愛されたら
もっと価値がある…ような気がするんです。
  
 
 
(でもね、
ゼロに何を掛けてもゼロです。
価値がない私がベースだと
すべて負け戦です。キッパリ。)
 
 
この
自我の仕掛ける
「恋愛によって欠乏感を埋めようぜゲーム」
 
 
本当の意味で欠乏感が埋まる事はないので
やめときましょう。
  
 
 
(恋愛ゲームが本当に心からワクワクして
やりたい人はやれば良いと思うけどね)
 
 
 
「1人じゃ寂しすぎて生きる気力が湧かない」
 
 
 
その、どうしようもない寂しさ
どうしようもない孤独
どうしようもない絶望を
 
 
パートナーに何とか埋めて貰おうとするのは
やめときましょう。
 
 
パートナーからしたら
自分の心の穴でもない
身に覚えのない
底無しの穴を 
延々に埋め立てさせられるようなもんです。
 
 
 
大人なら
自分の心の穴は
自分で埋めましょう。
   
 
 
自分の心の傷は
自分でケアしましょう。
  
 
大丈夫。
 
 
自分で自分の
心の穴ぼこのケアが出来る人が 
  
 
ゆくゆくは、
パートナーとも幸せな関係を作れるようになるんです。
 
 
まずは
自分1人で
めちゃくちゃ幸福になってしまいましょう。
 
 
幸せな人に
幸せな人は引き寄せられ
 
満たされている人との関係は
満ち足りたものになっていきます。
 
に続きます。
 
 

我慢しなくても良い

 
私より大変な人が居るからって 
私の大変さを、我慢しなくて良い。 

私より辛い人が居るからって 
私の辛さを、見ないフリしなくて良い。
 
私より痛い人が居るからって 
私の痛みを、ケアしない理由にはならない。
 
私は私を大切にして良い。
 
私は私に優しくして良い。 
 
忘れがちな
とても大切なこと。 
 
本日、↑こちらの、オンラインワークショップ 
無事開催されました。
 
沢山の方が、月末の朝からご参加くださって…
 
ありがとうございました!
 
画面越しとは言え、頷いたり、時には笑ったり、 
目を閉じてしっかり感じて下さっていたり… 
素晴らしい社会交流システムを携えていらっしゃる参加者の皆さんに恵まれて 
楽しくワークショップをする事が出来ました。 
 
また、主催のオルタ健康ステーションさんには、何から何までお世話になり 
ありがとうございました。

 
大人だから…
仕事だから…
親だから…
子供だから…
 
「このくらい我慢しなきゃ」
 
そうやって
日常をやりくりしてるのは
私たちの理性であり
優しさであり
愛でもあります。
 
でも時には
1番それを向けてあげて欲しいのは
自分自身。
 
小さな我慢の下に眠ってる 
色んな感情
全部いちど
丸ごと、受けとめてあげましょう。
 
あなたに気づいて欲しくて
あなたに感じて欲しくて
 
気持ちという彩りは、日々、波打っています。

「私」をやめる

 

「私」をやめる 
「私でいる事」をやめる…
 
  

その瞬間 
デフォルトで背負っていた肩の荷が 
ドサーッと落ちていく。
  
 

そして同時に 
「私(というアイデンティティ)を 
手放してなるものか」
という執着と
「怖さ」がやって来る。
自我のしがみ付きみたいな恐れが。
 
 
私達は本当は知っている。
 
 

「私(というアイデンティティ)」が、 
ただ自我がしがみ付き 
握りしめている 
ある種の妄想に過ぎない事を。
  
  

「私」と
「私の人生」という 
掛け替えのない大切なストーリーは  
 
 
本当はこの 
自我の「しがみつき」が 
あっても
なくても 
自然に起こってくるものである事を 
知っている。

 
「本当の事」は
本当はみんな携えている。


真実から離れる事など出来ないのだから。
  

 
写真は先週末の美しい目白庭園の風景。

セラピストは練習台

セラピストって 
ある意味、「練習台」なんだろうな。
 
    
みんな生きてる限り誰かと人間関係を作ってる。
 
その人間関係がなるべく幸せであるように…
 
 
安全な練習台。 
  
 
過去を浄化したり  
前世を成仏させたり
自分自身と仲直りしたりしながら
セッションはプロセスしていく。
 
 
私たちは 
人生で誰かしらと関わって生きていく。
 
 
それは
家族なのか 
友人なのか
近所の人なのか 
スーパーのレジのおばちゃんかも
または
SNSの向こう側の誰かかもしれないけど
 
  
誰かと関わって生きている。
 
 
 
その中で  
クライアントさんとして 
セラピストに関わる事は 
安全な練習台なのかもしれないと思う。
 
 
 
傷ついた!
とか
今のは酷いよ?!
とか
決して、攻撃して来ない練習台。笑
 
  
あなたを特別に大切に思い 
あなたを特別に尊重してくれる誰かと 
幸せに生きていく為の練習台。
 
 
エネルギー的には
保育園のおばちゃんを自負しています。
 
 
みんな
小さい頃に貰えなかったもの
 
 
 
・あなたはここに居て良いんだよ 
・あなたを守ってるよ
・あなたを信頼してるよ
・あなたに興味があるよ
・あなたが大好きだよ
・あなたは私にとって特別な存在だよ
 
 
それを育んでいくプロセスなのかもしれない。
 
 
あなたのお母さん(お父さんor養育者)が 
それを上手にくれなかったのは
きっと 
彼等も小さい頃に貰えなかったものだからだろう… 
 
 
 
以下募集中のもの 
 
2月オンライン瞑想会
 
2月4日(木)10:30~ ←午前中です
2月8日(月)19:30~ 
2月17日(水)19:30~ 

セッションの目的は…

 

セッションの目的は、 
【辛い、苦しい、を排除する】事じゃなくて、 
(そこがスタートになっても全然良いけど)
 
ホントは、 
あなたの無限の可能性を思い出す為のものだ。
 
 
導く必要はない。 
本来あなたの内側にいつもそれはあるから。 
 
諭す必要もない。 
自分で分かるから。 
 
 
癒す必要もない。 
ただ、無意識のうちに握りしめていたものを、 
ゆっくりと解き放つだけ。 
 
 
癒しは起こすものじゃなくて、 
自然とあらわれてくる。
 
あなたの人生に必要なら、 
必ず訪れること。 
 
 
癒さない人生だって勿論良くて、 
大正解なんだよ。 
 
だって 
癒し尽くす日なんて一生来ないんだよ。 
 
 
魂に目的がもしもあるとしても、 
過去を癒すことが生きる目的ってのは 
 
多分ナシなんじゃないかな。 
そんなの、なんか変だもんね。
  
 
でも、 
やりたい事をやる為に、 
表現したい事を思いっきり表現する為に、 
 
 
生きる事を楽しむ為に…
 
今ここで、 
過去を癒す事が必要だなという 
タイミングはあると思ってる。
 
 
余分な荷物はない方が身軽で、 
無駄な緊張はない方が柔軟に泳げるだろう。
 
 
 
私は多分、 
あなたが本来のあなたであるように、 
あなたが、今この瞬間に対して、 
豊かに関わり合い、 
その生命を輝かせるために、
 
 
必要なら、タイミングなら、
過去を解放する用意があるよ。 
と、言いたいんだ。
 
 
もう要らないモノに  
本当は幻のその制限に
  
 
とらわれている必要は全然無いからね。 
 

四国でEFT(感情解放テクニック)を学ぼう♪

本日は四国で活躍する素晴らしいセラピスト  
澤田准さん講師によるEFTプラクティショナーコースのお知らせを。

准さんの詳細記事はこちら→ 2021年2月四国初開催
 
このブログを読んで下さっている方は 
耳タコかもしれませんが 
EFTは、Emotional Freedom Technique 感情解放テクニック 
というエネルギー心理セラピーです。  
詳しくは【JMETのEFT公式サイト】参照
 
EFTは、 
私自身も自分へのケアとしてめちゃくちゃよく使いますし、 
セッションでも大大大活躍してくれますし、 
指2本あれば誰でも出来る、ごく簡単なテクニックで 
一度身に付けたら永久に使えるのがお気に入りです。 
 
 
【日時】 
2021年 2月 22日(月)、23日(祝・火)、24日(水)(3日間) 
(10:00~17:00) 
 
【場所】  
香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー 
サンポートホール高松 51会議室

【講師】JMET認定トレーナー 澤田 准 (さわだ じゅん)さん 
 
【受講費】58,000円 
    (認定証希望の方は後日のペーパーテスト&認定証代として別途12,000円) 
 
【参加資格】 心のセルフケアに興味がある方 
(心理セラピスト、ボディワーカーなどの資格は一切問いません)

【EFTプラクティショナーコースお申込みフォーム】 
 
 
EFTでケア出来る事は多岐にわたります。 
不安、パニック発作、鬱っぽさ、 
死別の悲しみ、 
頭痛、肩こり、腰痛、慢性的な胃痛などなど…  

心と身体はいつも深く繋がっています。  
(私はそれを無視していたら盛大な腰痛になって休職した過去があります。笑)
 
世の中には数えきれないほどの沢山のツールがありますが 
EFTはセルフケアにもセラピストとしても 
使いやすい、クライアントさんが効果も感じやすいテクニックだと思っています。   
  
既にセラピストとして活動していらっしゃる方にも 
自分の為に心のケアを学びたい方にも 
おススメしたいツールです。
 

四国周辺にも 
一緒にEFTを使って、癒しの深さと優しさを感じられる仲間が増える事 
楽しみにしております^^ 
 
講師の澤田准さんは、私も大好きで、かつ深く尊敬する 
心理セラピストさんです。
学びの分野の深さ、広さ、経験、人としての優しさ、チャーミングさ、 
全部そろってます。 
ぜひ、2月、四国へ飛び込んで行ってみて下さい。
(私も飛びたい…) 
 
参考リンク  
【EFTとは?】
【EFTタッピングで身体のエネルギーを循環させてみよう】(動画リンクあり)

 


EFTプラクティショナーコース2日目

昨日は、 
EFTプラクティショナーコース2日目でした。 
↑の写真は前回(10月10日)のものですが…
 
 
EFTの好きな所は 
何も余分な解釈を足さない所。 
  
  
ただ「そこにあるもの」に 
気付いていける所。
  
  
  
私はずっと 
心の構造、仕組み、投影の構造などについて 
2012年から、 
勉強を続けてはいたものの 
頭ではない身体での理解が追いついていなくて
 
 
「投影」というものについて 
本当の意味で腑に落ちて来たのは 
ここ2〜3年で…
 
  
それでも 
随分と私の「投影」理解が未熟な時でも 
   
   
「ただ、出てきたものに
(何も足さずに)
丁寧にセラピーをする」
という事は、 
 
 
少しずつ、少しずつ、 
クライアントさんの心の内側に 
進んでいく事を 
 
ものすごく助けてくれていたし 
今もそうだな〜と思うのです。
 
 
ただ、繊細に、丁寧に、
変な解釈を足さずに(コレは時にとっても難しいけど)
 
 
このスペースに出てきたものを見ていく。
  
 
そこに現れてくる鮮やかな重なり。
 
  
ご本人が誰よりも納得する心の模様。
 
 
解放して軽やかになることも重要だけど
ただありのままの心を広げて 
自分で見ていく
 
あ、わたし 
ここが引っかかってたんだ…
 
あぁ、私 
これが寂しかったんだ…
 
 
ちゃんと気付いた時に 
既にふわっと 緩みます。
 
 
自分を、自分が発見する。
 
自分を、自分が知る。
 
 
それは…
 
 
 
楽しいよ♪

 

最終日はハロウインの日(10月31日)だ!   
 
EFTについて詳しくは 
JMETのHP をご覧ください。 
 
私がEFTなどの感情解放のセラピーを使う理由は 
こちらに 書いてあります。 
 
あと、動画一覧 のページにも、 
セルフケアのエクササイズや 
いくつかEFTについても動画をアップしてありますので 
良かったらどうぞ。 
 

++++++現在募集中のもの+++++++

10月オンライン瞑想会 
10月23日 19:30〜

 


 


セルフラブを育てる~3カ月継続のEFTグループセッションday

 
8月末から、約3か月連続の、EFTグループセッションを2週間ごとに行っています。 
今日は、全部で6回やるうちの、その4回目。 
 
参考リンク セルフラブを育てる~EFTグループセッション 
 
毎回、ファシリテートしながら、 
参加して下さる方の心の動きに、オープンハートに、感動しています。

自分の「当たり前」になっていた 
そんな思い、感情、感覚、
それらを少しずつ丁寧に 
ひとつずつ、動かしていく、なんとも美しい時間です。 

 
知らないうちに押し込めていた感情に再会するとき
(私たちは無意識に色んな感情を凍らせて保存しています) 

いつも  
 
「ずっとここに居たんだね」
「おかえり」
「感じないようにしててごめんね」
 
 
そう言って 
受け入れてあげて欲しいなと思いながら 
(そう思えない時もあって良いのだけど)
 
いつも、すべての感情が尊いものだと感じます。
 
 
どんなに私が 
EFTラブを叫ぼうとも 
 
癒しってSUGEEEEEE!!!!! と感動していても
 
クライアントさんや、
グループセッションに 
「参加して下さる方」が居なければ 
私1人ぼっちでは 
この美しい場は生まれないわけです。 
 

つくづくホントに
心を開いて委ねて 
預けてくださってありがとうなのです…
 

癒しってきっと
 
誰もが不完全な親から生まれ 
デコボコに育った私たちの 
そのすべてが愛おしいものだったと 
 
思い出す旅路。
本当は全てみんな知っているんだと思うんです。
 
私たちが 
ひとつなるもの、愛であること。
そのことを思い出す旅路。
 
今回の期が終わりましたら、少しお休みして、 
また2021年1月より始めたいと思います^^ 
 
火曜日クラス 14時半~ (約90分、多少前後する可能性あります)
2021年 1月5日、1月19日、2月2日、2月16日、3月2日、3月16日

金曜日クラス 19時半~ (約90分、多少前後する可能性あります)
2021年 1月8日、1月22日、2月5日、2月19日、3月5日、3月19日
 
 
 
私たちが本当に傷付くのは 
 
誰かに愛されない時でも、裏切られた時でも、 
受け入れてもらえなかった時でも、 
大切にして貰えなかった時でもなくて 
 
本当に一番ツラいのは
自分が自分を愛してあげられない時だと、強く強く、そう思います。
  
 
だから、 
何より一番求めている「あなた自身からの愛」をあなたは、ぜひ、 
受け取りに来てください。
 
 
私は全力でその再会をサポートします。^^
 

 
++++++現在募集中のもの++++++
 
 
10月オンライン瞑想会
 

 
個人セッションはこちらから  
 
 

子どもの頃のように?

 

「子どもの頃のように」 
「ピュアだった頃のように」 
「自分らしさ全開だった頃のように」 
  
  
→これらはすべて、私(や他にも多くの人)の、 
子供時代には当てはまりません。 
   
 
子供の頃、ちゃんと、「子供らしく」 
いる事が出来た人 
子供で居させて貰えた人は、 
案外…少ないのではないかと思います。
     
  
(少なくとも私は  
感じることを封印していたし、
ワガママを言ったり 
友だちと遊んで門限を破ったり 
時に悪い事をして怒られたり 
嘘をついて家や学校を抜け出したり 
恋をしたり 
そのような子供時代を過ごす事は 
私自身の認識と記憶の中では、ありませんでした。)
 
  
でも、 
親や養育者を悪者にしたって、 
時間が戻る訳じゃなくて…
 
(親もまたその親から厳しく 
または、機能不全家庭で育てられていたりするしね)
  
 
誰かを悪者にして責めるのではなくて 
子供時代のあなたが  
どんな風に過ごしていたか 
子供時代のあなたが 
何を抑え込んで生きていたか
  
 
ただ、まっすぐに 
子供のあなたの現実を見る、 
理解する、そして、どんな感情をも、認めてみる。
 
 
そのようにして 
子供時代をエネルギー的にやり直す事は、 
実は何歳からでも出来ます。 
  
手遅れという事はナイです。
  
 
あなたが、あなたに愛を注いで、 
あなたが、あなたを受け入れて 
あなたが、あなたを抱きしめてあげる事が出来れば。
 
 
1人で出来ない時は、プロを頼って下さい。 
 
私自身も、数えきれないくらいの回数の 
プロのサポートを受けて今があります。
 
 
個人的な価値観や、思い、感情で 
あなたにジャッジやコメントをしないプロを 
頼って下さい。
 
 
技術と、経験と、 
何より 
あなたの存在に対する敬意と信頼を携えた、プロを。 
 
 
 
+++++++++++現在募集中のもの++++++++++++  

10月オンライン瞑想会 
 
個人セッションはこちらから