「パートナーが怒りっぽい」後編

 
 
「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」 
 
「パートナーが怒りっぽい」前編
の続きです。
 
→パートナーを変えようとする前に
自分に向き合おう。
 
→まずはたった1人で幸せになろう。
 
の、続きです。
 
 
まずは自分に向き合って
自分をケアしましょう
という所まで来ましたね。
 
 
でもさ、
その間にも、
パートナーは怒りっぽい訳ですよ。 
 
 
 
では、その、
怒りっぽいパートナーはどうするの?
 
 
「心の境界線」
引きます。
 
ある意味、見捨てましょう。
  
 
冷たいと思うかもしれないけど
 
 
パートナーの八つ当たりを
あなたが受け入れて
ケアしてしまっている間は
 
 
パートナーは決してそれ(八つ当たり)を
自分自身の力で
どうにかしようとはしないでしょう。
 
(だってあなたが文句言いつつもケアしてくれているのだから…) 
 
 
あなたが
「それはあなた自身の問題ですよね」
「私の責任範囲ではないですよね」
という態度を貫く事によって
 
 
初めて
 
 
パートナーは
自分自身の怒りっぽさ
八つ当たりするエネルギーを
 
 
自分の手に持つ事になるのです。
 
 
 
私の心の傷は、私がケアする。
  
 
パートナーの心の傷は、
パートナー自身が請け負うんです。
 
 
 
(いつも怒りっぽい、
すぐヒステリックになる、
八つ当たりする、人は、
何らかの心の傷があると思われます)
 
 
自分の心の傷は自分が請け負うんです。  
 
あの人には出来そうもない?
あの人は、きっとそんな事はやらないだろう?
  
(はい、そういう方も居るのも存じ上げております) 
 
それなら、
それも彼等(彼女等)自身の選択です。
  
 
ずっと怒りっぽくて
自分の心の荷物を 
誰か持ってよ!
と周りに当たり散らす…
 
 
そのようにして生きていく人も居ます。
 
(それが悪いと言ってる訳ではないです。
幸せになりにくいと言ってるだけ。)
   
 
あなたが自分をケアして幸せになっても
 
 
パートナーが
自分の心の問題を
どうにかする事は…
 
出来ないかもしれない。
 
でも、もしかしたら
 
出来るかもしれない。
 
分からないです。 
 
それは、相手に任せてみましょう。
 
 
境界線を引く事は
ある意味
パートナーの潜在能力を信じる事です。
  
本当はこの人は
私がケアしてあげなくても
大丈夫かもしれない…
パートナーの内側の力を信じる行為です。
 
 
そしてそれは
あなた自身が
「私は私の心のケアが出来る」
「私はちゃんと自立して生きる力がある」
と、自分に対して思えるかどうか…
 
も、大きく関わって来ます。
 
 
相手を信じる為には
まず自分を信じる力が育ってないと
なかなか出来ません。
(だから、やっぱり自分に向き合おう♪)
 
 
  
どちらにせよ
 
あなたも
パートナーも
 
大きな大きな視点から見れば
 
まったく何の問題もなく
 
ただ一生懸命に生きている生命体です。
 
  
その事を忘れずに
 
最終的には
「自分はどうしたいの?」
「自分はどう在りたいの?」
 
自分に向き合って
心の真ん中の本音からズレないでいれば
 
答えは自ずと現れて来ます。
 
 
別れて別の人とやり直すのか
 
または
自分を建て直すうちに
2人の関係性も変化していくのか…
 
 
それは神のみぞ知る…ですね。
 
  
終わり。
 
(ご愛読ありがとうございました)
 

「パートナーが怒りっぽい」前編

「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」
 
 
これはね、
 
 
パートナーが
すぐキレるのを辞めてくれたら
パートナーが
八つ当たりするのを辞めてくれたら
 
自分は幸せになれるし
人間関係に平穏が訪れる…
  
 
と、最初は思いますよね。
もちろん、私も思ってました。
 
 
 
つまり、相手が変われば私は幸せになれると思ってた。 
 
 
 
だけど
 
相手を変えようとするより先に 
やはり
自分に向き合わなくてはいけないんです。
  
 
 
まぁ、自分に向き合うのと
相手とコミュニケーションするの
ほぼ同時進行でも良いけどね。
両方必要だと思うのですよ。
   
 
やりがちなのが
(っていうか私自身が過去にやってたのが)
 
 
 
パートナーは
どうして怒ってるのかな。
あー、ストレス溜まってるんだな…
私が◯◯してあげたら良くなるかな?
よし、◯◯してあげよう!
 
 
→まだ怒ってる!どうして?!
 
 
からの
 
→こんなにしてあげてるのに!
酷いよね?!
 
 
すぐここまで来れちゃうんですよ。笑
 
 
はい、ここまで来ると
 
 
「怒りっぽい人」と
 
 
「怒りっぽい人に対して
我慢に我慢を重ねて
突如盛大にブチ切れる
めんどくさい人」の
 
 
相性最悪カップルの出来上がりなんです。
 
 
 
「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」
  
 
なので、これに対して
どうにかパートナーを変えようとする…
より「前にまず」
自分に向き合いましょうね、という事です。
  
 
何をするかというと
 
まずは
 
・自分の幸福を相手に預けるのを辞める
  
 
と言う事です。
 
 
 
「パートナーが優しくなってくれたら…」
「パートナーが◯◯してくれたら…」
 
 
これをいったん全部諦めてみてください。
 
 
(昔の私はこれを絶対に考えたくなかったのでw
泥沼にずっと居ました)
  
 
あなたが 
たった1人だとして
 
パートナーが居る居ない
関係なくて
たった1人だとして
 
 
幸せかどうか?
 
 
自分の足で立ってるかどうか?
 
 
 
もし
幸せじゃないなら
何が足りない(気がしてる)のか?
 
 
 
もし
1人じゃ生きていけない…
とか
1人じゃ寂しい…
1人じゃ耐えられない…
 
 
 
と思ってるなら
 
それはいつから?
そして、何故なのか?
 
 
「誰にも求めて貰えないなら価値がない」
なら、
 
そもそも
「価値がない私」をベースに
なんとかそうじゃなくなるように
頑張って生きてるって事ですよね。
 
 
  
そもそも
そのままの私じゃ価値がないと思ってる。
 
 
けど
誰かに愛されたら価値がある
より素敵な人に愛されたら
もっと価値がある…ような気がするんです。
  
 
 
(でもね、
ゼロに何を掛けてもゼロです。
価値がない私がベースだと
すべて負け戦です。キッパリ。)
 
 
この
自我の仕掛ける
「恋愛によって欠乏感を埋めようぜゲーム」
 
 
本当の意味で欠乏感が埋まる事はないので
やめときましょう。
  
 
 
(恋愛ゲームが本当に心からワクワクして
やりたい人はやれば良いと思うけどね)
 
 
 
「1人じゃ寂しすぎて生きる気力が湧かない」
 
 
 
その、どうしようもない寂しさ
どうしようもない孤独
どうしようもない絶望を
 
 
パートナーに何とか埋めて貰おうとするのは
やめときましょう。
 
 
パートナーからしたら
自分の心の穴でもない
身に覚えのない
底無しの穴を 
延々に埋め立てさせられるようなもんです。
 
 
 
大人なら
自分の心の穴は
自分で埋めましょう。
   
 
 
自分の心の傷は
自分でケアしましょう。
  
 
大丈夫。
 
 
自分で自分の
心の穴ぼこのケアが出来る人が 
  
 
ゆくゆくは、
パートナーとも幸せな関係を作れるようになるんです。
 
 
まずは
自分1人で
めちゃくちゃ幸福になってしまいましょう。
 
 
幸せな人に
幸せな人は引き寄せられ
 
満たされている人との関係は
満ち足りたものになっていきます。
 
に続きます。
 
 

うっすらと陥っている悪夢

うっすらと全員が陥っている
悪夢から目覚めよう。
 
 
この肉体を守って
生き延びなくてはいけない…
なるべく
有利な条件を手に入れて
なるべく
長く
快適に
生き延びなくてはいけない…
 
 
この
愛すべき、肉体という幻の夢たち。
 
  
 
そして、
「私の存在価値」
価値を守って
高めて 
愛されたり
受け入れられたり
賞賛されるような
「私の存在価値」を
守って…
 
 
 
価値が高まるように努力したり
他の人と競って勝てるように
磨き上げたりしなくてはいけない…
 
 
私たちはいつの間にか
そう思い込まされている。
 
 
 
本当は
肉体そのものではなく
 
 
本当は
時代がジャッジした「価値」ではない私たち。
   
 
 
この世界は
とても巧妙な
Open secretだ。
 
 
全員がもれなく陥っている
 
 
人生を有利にサバイバルしなくていけない
という
悪夢から目覚めよう。
 
 
生きていく怖さは、本当にリアルで
怖いね。
死ぬほど怖い。
 
 
だから騙されないようにね。
 
 
自我が仕掛ける悪夢に酔うのは簡単だ。
 
だけどそれは本当の事から遠ざかる。

なんであの人は・・・

あの人はなんでこんな事言うんだろう?と、
いつも他人に向いてる視点をいったん止めて、
自分に向けてみよう。
 
 
 
彼等がなぜそのような言動をするか?
理解する事より、
  
 
 
今、そう言われて
自分がどんな気持ちなの?
傷ついた?
悲しかった?
そっちに気づいてケアしてあげる事の方が大事。
  
 
自分の事を理解して 
受け入れてあげるのは
一生続く自分の仕事だ。
 
  
そして
自分を理解すればするほど、
他の誰かの事も理解出来るようになる。
 
 
自分を愛してあげればあげるほど
他の誰かを愛してしまうようになる。
 
  
わたしは
別の角度から見たら
あなたそのものでもあるし
 
 
あなたは私でもあるんだから。

我慢しなくても良い

 
私より大変な人が居るからって 
私の大変さを、我慢しなくて良い。 

私より辛い人が居るからって 
私の辛さを、見ないフリしなくて良い。
 
私より痛い人が居るからって 
私の痛みを、ケアしない理由にはならない。
 
私は私を大切にして良い。
 
私は私に優しくして良い。 
 
忘れがちな
とても大切なこと。 
 
本日、↑こちらの、オンラインワークショップ 
無事開催されました。
 
沢山の方が、月末の朝からご参加くださって…
 
ありがとうございました!
 
画面越しとは言え、頷いたり、時には笑ったり、 
目を閉じてしっかり感じて下さっていたり… 
素晴らしい社会交流システムを携えていらっしゃる参加者の皆さんに恵まれて 
楽しくワークショップをする事が出来ました。 
 
また、主催のオルタ健康ステーションさんには、何から何までお世話になり 
ありがとうございました。

 
大人だから…
仕事だから…
親だから…
子供だから…
 
「このくらい我慢しなきゃ」
 
そうやって
日常をやりくりしてるのは
私たちの理性であり
優しさであり
愛でもあります。
 
でも時には
1番それを向けてあげて欲しいのは
自分自身。
 
小さな我慢の下に眠ってる 
色んな感情
全部いちど
丸ごと、受けとめてあげましょう。
 
あなたに気づいて欲しくて
あなたに感じて欲しくて
 
気持ちという彩りは、日々、波打っています。

友人に愚痴を聞いてもらうリスク

以下は、FBに投稿した事ですが、 
なかなかに反響があったのでこちらにも。
 
 
職業柄ホントによく思うのだけど
物凄く疲れて
かつ落ち込んでいる時に、 
「友人に話(愚痴)を聞いてもらう」
のはリスクがあるよ。
 
友人が、 
傾聴スキルと受容力のある人なら良いけど
普通の人は、
「良かれと思い」「善意で」
 
自分ならこうする
こうしたら?
こう考えたら?
 
などのアドバイスが入って来ます。 
(別にこれが悪いと言いたい訳ではない)
 
それがせめて
自分の求めてるものなら良いけど、
 
そうでない場合は
更に疲弊する事になります。
 
生きてりゃ別に
自分が悪くなくても 
何かしらイベントが起こる事はアルアルなので、
 
精神的に辛くなったら 
サクッとプロに頼る 
という人が増えて欲しい…
 
ごく一般的な普通の人には、 
なかなか「話を聞く」スキルは無い 
のがフツーなのですよ…
 
とは言え!
まだまだ色んな意味で 
「プロに頼る」敷居が高いのも知ってます。
 
弱いの恥ずかしいとか
言いたくない事まで暴かれるとか
依存させられるとか
軽蔑されるかもとかの誤解も多いしな…
(本当のプロは依存させません)
精進精進、わたし。
 

JOYちゃんのスタFM(ラジオ音声)に出演しました

咲いたかと思ったら、何というか、あっという間に桜は散りますね。 
それがまた儚くて美しいですけれども… 
今年はいつもより少し早かったので、本当にあっという間でした。  
 
タイトル通りですが 
私のお友達のじょんちゃんがやってる、stand.fmというラジオアプリのね 
【JOYのへっぽこチャンネル】という 
愛すべき番組をじょんちゃんが配信しておられまして 
そこにお邪魔してお喋りしてきました♪ 
 
JOYのへっぽこチャンネル、まつかわちえゲスト前編  
 
JOYのへっぽこチャンネル、まつかわちえゲスト後編 
 
めちゃくちゃ楽しくお喋りして来ました! 
じょんちゃんありがとう♪  
 
前編、後編それぞれ15分ぐらいです。 
 
私の過去の経歴や 
セラピストになるキッカケが腰痛だったという話などしています。 
 
お時間ある方、お気軽に聴いていただければ幸いです。 
 
それにしてもstand.fm が楽しそうで、私もやろうかな〜と思う日々です。 
ちえチャンネル音声版としてやるかな。 
 
音声って、動画よりさらに気軽で良いですよね。 
 
今度トライしてみますので、少々お待ちくださいませ^^


 

 

身体はいつも…

 

生きようとしてるんだよね。
身体は常に 
生きようとしてる。
 
 
頭が
「生きるの疲れた」と言っても 
「もう嫌だ」と言っても 
心臓は鼓動を打ち 
腎臓は尿を作り 
食事をすれば 
身体はそれを消化しようとする。
 
 
体内では 
あらゆるホルモンを精妙に分泌している。
 
 
身体を信頼して良い。
 
身体は基本的には間違えない。 
 
(トラウマ反応は解除した方が楽だけど)
 
心はけっこう、間違えるんだけど。笑 
 
この 
身体を感じる時 
身体に宿る生命力を感じる時 
   
 
いつも 
私を諦めずに
私を見捨てない
 
なんとも言えない 
身体の健気さに打たれる。
  

黄色い花 
これ菜の花かな 
  
太陽光を浴びて 
ものすごくキレイだった。

 

 

私を大切にしよう

夕陽が眩しく降り注ぎ
葉っぱがきらめいているのを
太陽光の偉大さを
 
 
何度でも新しく思う。
 
 
 
わたしが 
元気で 
健やかで 
嬉しくて 
スキップしたくなる事が 
 
 
わたしにとっては何よりも大切だ。 
本当に何よりも大切だ。
これはいくら強調してもしすぎる事はない。
 
この大切さを
忘れたくない。 
 
 
いや、忘れても良いや。
何度でも思い出して晴天に感謝しようか。
 
 
何か凄い事をやったか? 
何か清く正しく美しい事をやったか?
何か効果的なものを 
何かクリエイティブなものを生み出したか?
 
 
じゃなくて   
(それも凄く欲しいけど)
   
 
私が 
地球と調和している事が大切だ。
  

誰か偉い人に褒められたり 
沢山の人に認められたりする事じゃなくて
(それもまぁ経験はないけど 
実際起きたら多分めっちゃ嬉しいとは思うけど)
  

 

嬉しくて 
満たされて 
安心して 
悲喜交交 
色んな気持ちになって  
 
 
わたしが 
自由の内側で深呼吸している事が大切だ。
  


  
そしてそれは 
あなたが 
元気で 
健やかで 
嬉しくて 
スキップしたくなる事の
 
  
何よりの大切さを祈る事でもある。
 
 
 
あなたの生命の光に祝福を送る事でもある。 
 

セラピストは練習台

セラピストって 
ある意味、「練習台」なんだろうな。
 
    
みんな生きてる限り誰かと人間関係を作ってる。
 
その人間関係がなるべく幸せであるように…
 
 
安全な練習台。 
  
 
過去を浄化したり  
前世を成仏させたり
自分自身と仲直りしたりしながら
セッションはプロセスしていく。
 
 
私たちは 
人生で誰かしらと関わって生きていく。
 
 
それは
家族なのか 
友人なのか
近所の人なのか 
スーパーのレジのおばちゃんかも
または
SNSの向こう側の誰かかもしれないけど
 
  
誰かと関わって生きている。
 
 
 
その中で  
クライアントさんとして 
セラピストに関わる事は 
安全な練習台なのかもしれないと思う。
 
 
 
傷ついた!
とか
今のは酷いよ?!
とか
決して、攻撃して来ない練習台。笑
 
  
あなたを特別に大切に思い 
あなたを特別に尊重してくれる誰かと 
幸せに生きていく為の練習台。
 
 
エネルギー的には
保育園のおばちゃんを自負しています。
 
 
みんな
小さい頃に貰えなかったもの
 
 
 
・あなたはここに居て良いんだよ 
・あなたを守ってるよ
・あなたを信頼してるよ
・あなたに興味があるよ
・あなたが大好きだよ
・あなたは私にとって特別な存在だよ
 
 
それを育んでいくプロセスなのかもしれない。
 
 
あなたのお母さん(お父さんor養育者)が 
それを上手にくれなかったのは
きっと 
彼等も小さい頃に貰えなかったものだからだろう… 
 
 
 
以下募集中のもの 
 
2月オンライン瞑想会
 
2月4日(木)10:30~ ←午前中です
2月8日(月)19:30~ 
2月17日(水)19:30~