私が思う事

幸福の絶頂にいる時 
喜びが爆発している時 
  
 
その正反対の場所に居る人の事を思う。 
  
 
ただただ 
そこにずっとある愛を 
忘れて 
自ら分断しているだけの人の事を。
  
 
あなたが
産まれてきたって凄いこと。
私も 
生きてるって凄いこと。
 
 
それ以外は、ぜんぶオマケだ。
 
忘れてても大丈夫さ。

地球人のおしごと

私にとって 
今のお仕事(心理セラピスト)は、 
 
ラクな仕事ではないです、
ラクな仕事ではないけど、笑
 
喜びでもある。
 
全員に必ず予め備わっている 
生命の光の無限のパワフルさ 
無条件の愛 
静けさ 
何にも縛られていない 
自由を 
 
少しずつ
思い出して 
取り戻してもらうのが 
私のお仕事。
 
エゴはいつも不安ベースで 
○○しないとダメ 
○○じゃない自分はダメ  
○○が無い私はダメ
と、 
 
足りないものばかり数えるけど 
 
それはまったくの嘘で 
何の根拠もない。
 
何も持たなくて良い 
すべては揃ってる 
私たちは大丈夫。
 
その事を 
魂が思いだすように祈ること。
 
そして、一生、思い出せなくても 
問題ない事を知っていること。
 
つまり 
愛で居ることが、お仕事です。
 
(これはでも、
地球人全員のお仕事かもしれない)
 
 

何度も、何度でも

 

何度も言ってるけど、何度でも言うけど、  

私は、クライアントさんから出て来る 
「何か悪いもの」に影響されないように
「自分を守った」り、しません。
 
何も悪いものなんて無いよ。
何も悪いものなんて無いんだよ。
 
あなたにも、私にも、 
「悪いもの」なんて無い。
 
それをよく知っているから、
怖れる必要がないだけ。
 
私があなたより
強い訳でも偉い訳でもない。
 
ただ、よく知っているだけ。 
 
怒りも恐れも嫉妬も、 
どんな痛みも、 
 
ただ本当の姿が覆い隠されて、 
一見悪いものかのように、 
怖いものかのように見えているだけ。
 
本当の姿はいつも、すべて、何かの光。 
 

わたしたちは

 

私たちは簡単に傷ついてしまう。 

身体としては
何年生きていても
心は柔らかく子どものままだ。
 
目を逸らされたら不安になり
罵られたら悲しく怒りが湧く。 
 
 
何歳になっても 
いとも簡単に傷ついてしまう。 
 

それが過去の痛みに紐付く傷なら 
古傷ごと疼き 
「私は大事にされる存在ではない」
というビリーフが太く硬く育っていく。 
 
 
傷つくのは一瞬で 
癒すのには時間がかかる。 
 

不安になるのは一瞬で出来る。
安心感を取り戻すのにはその何倍もかかる。
 
 
こんなに効率の悪い柔な心を持って   
どうして生きていかなければならないのか 
 
こんなに面倒くさい
捻くれた
頑固なインナーチャイルドと 
いつまで共に居なければいけないのか。
 
 
 
そうまでして私たちは 
愛を学ぼうとしているんだと思う。
 
どこまで傷ついても 
愛が見放したりしない事を 
 
人生をかけて試しているのだと思う。 
 

あらわれ方が違うだけ

誰だって、
happyで、軽やかで、爽やかで、優しい、
余裕のある人が好きだよね。
  
 
それはそれで当たり前だし
それで良い。 

けど、
わたしはもう…
 
 
重たくて泥々で、
怒りや哀しみでいっぱいの時も、 
絶望の中で100%孤独な時にも
 
 
等しく本当のあなたは光だということを
私はそれを知っているんだよ。
  
 
どうしようもなく知っている。
  
 
 
 
だから私はもう
ネガティヴを
本当の意味では、嫌がったり出来ない。
  
 
 
(勿論、反射的に嫌がる事は普通の反応としてあるけど)
 
 
愛しかない。
 
 
孤独や絶望や 
怒りもすべて
 
 
愛を求めている声だ。
 
本当の私はこれじゃないって
元の姿に戻りたいって
訴えている声だ。
 
 
現れ方の違いだけだ。
 
 
 
知ってしまったから。
 
 
大丈夫だよ。 
 

優しく出来ない時こそ

取り立てて誰にも褒められないような、
何にも良い事してないような、
大して生産性の無さそうな、
そんな人ほど、 
本当は褒めてあげないといけない。

誰も褒めてくれない時ほど、 
自分で自分を褒めてあげないといけない。
  
 

優しくして貰えない人ほど、 
1番優しさが必要。

誰にも優しくしてもらえない時ほど 

自分で自分に優しくしてあげる必要がある。   
 
 
足りないから 
より一層足りなくなる仕組みなの。
  
 
切ないことだよ。
  

難しいけど 
本当にそうなんだよ。
 
 
1番優しくできない時こそ 
 
1番優しくしてあげないといけない。
 
 
あなたはあなたを
諦めたらいけない。
 
 
私は私を 
諦めたらいけない。

 

 

 

 

色とりどりの夢

どんな暗闇の中に居ても それは全て等しく夢だから大丈夫です。
人生はすべて 
悪夢を見ているか 
幸福な夢を見ているかの違いだけで 
等しく夢だから大丈夫です。
  
 
幻であるとは言え
愛しい夢です。
  
 
それはそれとして
悲しんでいるあなたが大切です。
あなたの絶望をケアします。
あなたの苦しみは大切にされるべきです。
 
 
苦しみを否定しているわけではなくて 
ただ悪夢を見たこどもをあやすように 
  
 
 
大丈夫だよ
怖かったね
大丈夫だよ 
 
 
真実の光は分かるでしょうか 
真実があなたをノックしている音は聞こえるでしょうか
 
 
そこが暗闇であればあるほど 
実はそばに居る圧倒的な光よ。

自分らしさってナニ?

自分らしさって何?
どうやって出してったら良いの? 

いやその前にね 
「自分らしさ」が抑えられてしまってる事の方が 
「なんか変だよね」と思ってみよう。
 
嫌われないように、
 
怒られないように、
 
バカにされないように、
 
仲間外れにならないように、
 
より有利な状態で生きていけるように…
 
恐れや不安MAXからの原動力で行動してる時は、
自分らしさが損なわれてる。
 
もし、この不安や恐れが無かったら、
自分は今どうしたいだろう?と観察してみよう。
 
不安や恐れをゼロにしろ!と言ってる訳じゃなくて、
(そんなの無理だから)
 
ちょっとだけ 
「不安や恐れが無い自分」
「不安や恐れを横に置いてる軽やかな自分」を想像してみる。
 
今ここに
怖い気持ちや
不安な気持ちがなかったら…
 
どんな選択をするかな? 
どんな行動をするかな?
 
周りに居る人が 
みんなあなたの味方で 
あなたが何を言っても何をやっても 
 
「それで良いんじゃない?」  

って言ってくれる人だとしたら
 
どうしたい?  
何したい?

そっちがホントの自分らしさだったりするよ。 

いつも一番大切な事

私の仕事は、私の魂に集中すること。

私を大事にして、可愛がること。

私を愛すること。

何もしてなくても 
誰かの役に立たなくても 
私がここに居て良いと理解すること。

産まれた時に貰えなかったものを 
育った過程で貰えなかったものを 
私が私に与えること。

そうやって私が私を赦した分だけ 
巡り巡って 
誰かの役に立つね。

あなたがあなたを愛した分だけ 
巡り巡って  
誰かの愛になるね。

 

 

 

うっすらと陥っている悪夢

うっすらと全員が陥っている
悪夢から目覚めよう。
 
 
この肉体を守って
生き延びなくてはいけない…
なるべく
有利な条件を手に入れて
なるべく
長く
快適に
生き延びなくてはいけない…
 
 
この
愛すべき、肉体という幻の夢たち。
 
  
 
そして、
「私の存在価値」
価値を守って
高めて 
愛されたり
受け入れられたり
賞賛されるような
「私の存在価値」を
守って…
 
 
 
価値が高まるように努力したり
他の人と競って勝てるように
磨き上げたりしなくてはいけない…
 
 
私たちはいつの間にか
そう思い込まされている。
 
 
 
本当は
肉体そのものではなく
 
 
本当は
時代がジャッジした「価値」ではない私たち。
   
 
 
この世界は
とても巧妙な
Open secretだ。
 
 
全員がもれなく陥っている
 
 
人生を有利にサバイバルしなくていけない
という
悪夢から目覚めよう。
 
 
生きていく怖さは、本当にリアルで
怖いね。
死ぬほど怖い。
 
 
だから騙されないようにね。
 
 
自我が仕掛ける悪夢に酔うのは簡単だ。
 
だけどそれは本当の事から遠ざかる。