「私はかわいくない」

Q:「私はかわいくない」という 
セルフイメージを壊す方法ってあるんですか? 
 
A:あります☆(*´▽`*) 
 
っていうか、 
それをセッションでやってます!笑 

   
image

(※ちなみに、私も「私はかわいくない」って 
ずぅぅぅ~~~っと 
強く深く、深く強く、信じて、握りしめていました!)  
っていうか、 
 
もうちょっと正確に言いますと、 
 
「私はかわいくない」という 
「思考」に 
ピッタリとくっついている、 
「ネガティブな感情」を 
セラピーで解放していく
んですね。 
 
(※EFT&マトリックス・リインプリンティングを使います。) 
「EFT&マトリックス・リインプリンティングの説明はこちらもご参考にどうぞ☆」   

まず最初はお話を伺っていって、
 
「私はかわいくない」
という、「間違った信念」が生まれた、

なるべく最初の記憶を探します。 

(原因を突き止める事が改善の為にはとっても大事なのです~) 

 
(えっと、これね、 
「私はかわいくない」っていうのは、 
誰がどう見ても事実ですよね? 
 
「私には愛してくれる人がいない」っていうのは、 
(私には家族が居ないんですから) 
事実ですよね? 
  
とか 
おっしゃる方も多いのですが、 
 
色んな「証拠」を訴えてこられる方も 
いらっしゃいますが… 
   
残念ながら(?) 
「事実ではありません」 
 
どんな「ネガティブな信念」も、 
必ず間違っています。笑) 

  
「私はかわいくない」と思うようになった 
キッカケになった記憶を見つけたら、 
その記憶の中に 
フリーズしたまま残っている 
ネガティブな感情・感覚を「解放」するんです。 

 
何か「原因」となる、記憶があることが多いです。 
掘り下げてみると、 
意外と他愛もない出来事(笑)だったりします。 
   
(※ちなみに、私の場合は、失恋がキッカケ…… 
かと思いきや、 
辿ってみたらもっと古い記憶でして、 
 
2歳下の妹に 
母親の視線が集中していたのが 
おそらく最初のキッカケでした。笑 
 
多分私が3~4歳の頃じゃないかな。 

もちろん、理性では分かりますよ?

「お母さんは私の事がかわいくない訳じゃない」って。

「2歳の子と4歳の子が居たら、
2歳の子に視線が集中するのは当たり前だ」って。

でも、幼少期に潜在意識に刷り込まれちゃったウソ信念って
真っ赤なウソなのに、 
けっこう強力なんですよ…汗

 
んで、更に、「潜在意識に刷り込まれ」てますから、
普段、意識上ではすっかり忘れてまして 

なので、

「私は可愛くないから可愛くないんだっ(涙)」 
と、ふっかぁ~~~く信じて 
 
「私はかわいくない→悲しい」 
を抱えたまま(その自覚もなく)生きていました。 
 
これ、私を無意識に、強く制限していた 
ネガティブな信念の1つでした。) 
 
image

「私はかわいくない」 
っていう思考とベッタリくっついていた 
「悲しみ」「孤独」などなどの 
ネガティブな感情が解放されると、 
 
「私はかわいくない」の「重み」が軽くなります。
(伝わりますかね?汗) 

そうすると、
「私はかわいくない」と言った時の、 
「深刻な重たさ」が減るんです。 
 
だから、 
「私はかわいくない♪(でも良い所もあるのよん)」 
って感じになったり(笑) 
 
「私にもかわいい所はある☆」 
って感じになったり 
 
「可愛いかどうかって、主観(思い込み)だよねー」 
って感じになったりします。 
 
1回のセッションで、 
深い強い、何十年も握りしめてきた思い込みを 
全て解除できる訳ではありませんが 
 
「深刻さ」は減らせます。 
 
ひー。めっちゃ長くなった。 
こんな所まで全部読んでくれた方が居たら、 

ありがとうございますWハート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です