「わからない」に敬意を

解釈はいつも後付け。 
 
 

あなたの心が弾むような 
嬉しい事があったら 
ただ喜んで、  
幸せが訪れたら感謝して、
 
 
あなたに悲しい事があったら 
ただ悲しんで 
泣きたかったら泣けば良い。
   
 
【解釈】はいつも後付けだ。
 
 
「あの子が私に優しいのは 
過去に私が○○してあげたからだ」?
  
 
…あなたが何かをしてもしなくても 
あの子は優しかったかもしれないよ。
 
そして、 
優しくしたくないなら、 
優しくしない自由だって 
いつも相手にある。

 
「こんな辛い事が起きるのは 
私が(親が、パートナーが)○○だからだ」?
   
 
苦しい時、 
理由を探さなくて良い。
   
 
だって、
自分を責めても苦しくなるだけ。
他人を責めても、 
本当の意味で楽にはならない。
 
 
もちろん、 
理由があって 
原因があって 
幸せや不幸がやってくる事もあるだろう。 
 
 
でも、理由や、原因が 
人間の自我では
計り知れない所から生まれる事もある。
  
 
そうだね。
理由はあるのかもしれない。 
 
この世のすべては、必然なのかもしれない。 
 

だけどその必然の理由を 
全部、全部
自分が理解出来る筈だ、と思うのは 
ちょっと宇宙への傲慢じゃないだろうか。
    
 
宇宙、そんなに小さくないと思いますよ。
 

人間の身体や臓器の叡智だって 
人間本人にさえ、はかりしれないんだから…
  
 
私たちには、常に 
「分からない」という場所があるよ。
 

無限にあるんだよ。
  
 
思考や知識は、 
ただ、降参し続けるしかない領域がある。

 
出来事は起こり 
時は巡り 
すべての 
原子は、陽子は、中性子は、電子は 
ただエネルギーのあるがままに  
踊り続け 
 
その間に広がる 
大きな大きな 「空間」 は 
すべての可能性を内包したまま…
 
  
私たちは 
「分からない」という 
無限の神秘に預けるしかない領域があるよ。
 
  
その事に 
私は敬意を払いたいと思う。 
 

 
+++++現在募集中のもの+++++ 

オンライン瞑想会7月  
(瞑想会は参加費無料です) 
7月7日(火)10:30〜 
7月17日(金)19:30〜 
7月22日(水)19:30〜 
 
【瞑想会お申し込みフォーム】 
  
【セルフラブを育てる3週間のグループセッション】 
7月1日、8日、15日の、14:30〜 
3回で15,000円です。 
 
【3週間のグループセッションお申し込みフォーム】 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です