誰かを好きになる時

誰かを好きになる時 
自分の欲求を満たしてくれる人を好きになりがち。
無意識のうちに。
  
 

具体的に
○○してくれる、
じゃなくても
 

その人と一緒に居ると
ステキな気分になれる、
安心出来る、
私には価値があるんだと思える、
なども、
欲求を満たして貰ってる状態です。
 

 
そして 
それが満たされなくなった時 
それまで好きだった分、大っ嫌いになってしまう。
 
 
でもそれは
 
本来なら

自分で塞がないといけない、自分の心の穴。
  

「彼が今までなら○○してくれてたのに…
全然○○してくれない、
ひどい…」
と言うのは
 

実は彼にとっても酷い話で
 
 
「今まで、私の心の穴を 
あなたが代わりに埋めてくれてたじゃない?
これは
本当は自分でやらなきゃいけない事なんだけど 
自分でやるのが難しい(or苦痛orやり方分からん)
から 
私はこれからもあなたにやって欲しいの!
私はこれからも
自分の仕事をあなたに押し付けたいの!」

って言ってるような…ものなのです。
 
 
 
ただまぁ
ひとりで生きてる人って居ないですから。

誰にも依存せずに生きてる人って超レアですから。 

 
多かれ少なかれ
誰かと
お互いに相手の仕事を請け負って 
相手の心の穴を埋め合って生きているわけで
 
 
人間なんてそんなもんだよ?
 

自分にも相手にも 
あんまり多くを期待しないようにね。
 
 
のんびり行こうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。