セッションを受ける人は弱い人じゃない

私のセッションは…


セラピストに慰めてもらう時間じゃないです。
セラピストに肯定してもらう時間じゃないです。
セラピストに褒めてもらう時間じゃないです。


どっちかというと 
自分自身でそれらが出来るようになるための
ご自分との対話の時間です。


セッションは 
ダメな人が受けるものではないです。
弱い人が受けるものではないです。
病んでる人が受けるものではないです。

(弱ってる人が受けて下さっても、もちろん良いんですが。笑)

自分の内なる声と 
自分自身と対話してもらいます。


なので
私はお申込みくださった方を 
弱い人ではなく 
自己対話する勇気がある人とみなします。


だって 
あなたに 
いちばんキツイこと言うのはあなたです。


だけど 
いちばんあなたの幸せを願っているのもあなたです。


ただただ、自分と向き合っていただく時間です^^


私(セラピスト)の仕事は 
そのスペースを作り 
あなたのプロセスの全てを尊重し 
邪魔をしないということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。