「私」をやめる

 

「私」をやめる 
「私でいる事」をやめる…
 
  

その瞬間 
デフォルトで背負っていた肩の荷が 
ドサーッと落ちていく。
  
 

そして同時に 
「私(というアイデンティティ)を 
手放してなるものか」
という執着と
「怖さ」がやって来る。
自我のしがみ付きみたいな恐れが。
 
 
私達は本当は知っている。
 
 

「私(というアイデンティティ)」が、 
ただ自我がしがみ付き 
握りしめている 
ある種の妄想に過ぎない事を。
  
  

「私」と
「私の人生」という 
掛け替えのない大切なストーリーは  
 
 
本当はこの 
自我の「しがみつき」が 
あっても
なくても 
自然に起こってくるものである事を 
知っている。

 
「本当の事」は
本当はみんな携えている。


真実から離れる事など出来ないのだから。
  

 
写真は先週末の美しい目白庭園の風景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です