ありのままで完璧なのは大前提

たまーに、勘違いされてるなぁ…と感じるのが

「ありのままで完璧」
→出来る事があるのに何もしない

じゃないですよ?って事なんです。
 

 
「ありのままで完璧」
これは大大大前提なんですよ。
  

だから
トラウマがあっても、どんな人も、
そのままで完璧です。
それはそうです。
間違いなくそうです。
 

でもだからって 

もし貴方が、 
人生のストーリーの中で 
何かにとらわれたり 
過去の心の傷や
トラウマに苦しんだりして
 

今現在の生命の輝きを 
味わえなくなっているのなら

  
それは普通ーに、普通ーに、
癒しに取り組むと良いと思うんですよね。
  

苦しいのに
毎日辛くてたまらんのに
いや
何もしなくて良いんじゃん?
ありのままで完璧なんだからさ?

と思ってる訳じゃないですよ。

 

(いや、究極的にはしてもしなくても良い。
けど、苦しいなら、その重みは剥がしてみよう? 
と、私は思いますので
心理セラピーという行為をしています。)

 

取り止めもない呟きでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。