『暗闇』という友達の話

渋谷のヒカリエから

HSPあるあるなのか、
自己価値どん底経験の長い人あるあるなのか、


「私なんかと遊んでも楽しくないのかも」
「人と何を話したら良いのか分からない」
「私なんか頭も良くないし可愛くもないし好かれるわけがない…」
「うち、貧乏だから◯◯買って貰えない、惨め…」
「どこにも居場所がない感じがする」
「私なんか何をしても無駄だ」


こう思っていた頃
いや
「思っている」という自覚もないまま思い込んでいた頃

ずっと暗闇の中に一人ぼっちで生きていたような気がする。


これら全ての「思い」は幻想だ。
頭の中にしか無い「私物語」という幻覚だ。


でもずっとその幻覚を真実だと思い込んで苦しいまま
キラキラして見える明るい子たちみたいに 
上手に生きられない自分で生きてきた。


友達が不機嫌な顔をすれば不安になった。
恋人が不満げな表情なら私が何とかしなければいけなかった。
上司が怒ったら自分が悪いんだと思った。


ずっとずっと生きずらかった。


だけどどう生きたら私にとっての正解なのか分からなくて
「正論」で自分を武装して
心の中で相手を攻撃して
先祖代々からもともと持っている「被害者」のトラウマを深めた。


(※先祖代々生まれながらの王者で 
落ちぶれた歴史のない王族とかでも無い限り
全員「被害者」の傷は持っていると思われます^^)

でもその暗闇は私の友達であり、
密やかに、多くの人の友達でもあった。


その黒いマントの内側に 
みすぼらしい自分を隠してくれていた。
かっこ悪い傷を許してくれていた。
正しく振る舞えない自分を包み込んでくれていた。


そしてその暗闇をまとっている友達は、
案外たくさん居たんだ。
なんだ、あなたもそれ着てたの?
その真っ黒のローブ。
私も着てたんだよ。
すっぽり頭から被ってた。
ああ、お揃いだね♪


暗闇が 
私を守っていてくれたと知るまで
ハートを閉じていたコンクリートの壁が
健気な愛だったと知るまで

私は私のままで良いんだと心が理解するまで…


一緒に伴走してくれるのがセラピストだと思うんだなっ。


【この日の結論】
小説家はみんな根暗。

良い光が入ってきてました

※※※※※

 

オンライン瞑想会(zoomでやります。zoomは無料でダウンロード出来ます。)は、少し日程増やして募集中♪

☆瞑想会へのお申込みはこちら☆

☆オンライン瞑想会についての記事はこちら☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。