子どもの頃のように?

 

「子どもの頃のように」 
「ピュアだった頃のように」 
「自分らしさ全開だった頃のように」 
  
  
→これらはすべて、私(や他にも多くの人)の、 
子供時代には当てはまりません。 
   
 
子供の頃、ちゃんと、「子供らしく」 
いる事が出来た人 
子供で居させて貰えた人は、 
案外…少ないのではないかと思います。
     
  
(少なくとも私は  
感じることを封印していたし、
ワガママを言ったり 
友だちと遊んで門限を破ったり 
時に悪い事をして怒られたり 
嘘をついて家や学校を抜け出したり 
恋をしたり 
そのような子供時代を過ごす事は 
私自身の認識と記憶の中では、ありませんでした。)
 
  
でも、 
親や養育者を悪者にしたって、 
時間が戻る訳じゃなくて…
 
(親もまたその親から厳しく 
または、機能不全家庭で育てられていたりするしね)
  
 
誰かを悪者にして責めるのではなくて 
子供時代のあなたが  
どんな風に過ごしていたか 
子供時代のあなたが 
何を抑え込んで生きていたか
  
 
ただ、まっすぐに 
子供のあなたの現実を見る、 
理解する、そして、どんな感情をも、認めてみる。
 
 
そのようにして 
子供時代をエネルギー的にやり直す事は、 
実は何歳からでも出来ます。 
  
手遅れという事はナイです。
  
 
あなたが、あなたに愛を注いで、 
あなたが、あなたを受け入れて 
あなたが、あなたを抱きしめてあげる事が出来れば。
 
 
1人で出来ない時は、プロを頼って下さい。 
 
私自身も、数えきれないくらいの回数の 
プロのサポートを受けて今があります。
 
 
個人的な価値観や、思い、感情で 
あなたにジャッジやコメントをしないプロを 
頼って下さい。
 
 
技術と、経験と、 
何より 
あなたの存在に対する敬意と信頼を携えた、プロを。 
 
 
 
+++++++++++現在募集中のもの++++++++++++  

10月オンライン瞑想会 
 
個人セッションはこちらから  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です