「パートナーが怒りっぽい」前編

「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」
 
 
これはね、
 
 
パートナーが
すぐキレるのを辞めてくれたら
パートナーが
八つ当たりするのを辞めてくれたら
 
自分は幸せになれるし
人間関係に平穏が訪れる…
  
 
と、最初は思いますよね。
もちろん、私も思ってました。
 
 
 
つまり、相手が変われば私は幸せになれると思ってた。 
 
 
 
だけど
 
相手を変えようとするより先に 
やはり
自分に向き合わなくてはいけないんです。
  
 
 
まぁ、自分に向き合うのと
相手とコミュニケーションするの
ほぼ同時進行でも良いけどね。
両方必要だと思うのですよ。
   
 
やりがちなのが
(っていうか私自身が過去にやってたのが)
 
 
 
パートナーは
どうして怒ってるのかな。
あー、ストレス溜まってるんだな…
私が◯◯してあげたら良くなるかな?
よし、◯◯してあげよう!
 
 
→まだ怒ってる!どうして?!
 
 
からの
 
→こんなにしてあげてるのに!
酷いよね?!
 
 
すぐここまで来れちゃうんですよ。笑
 
 
はい、ここまで来ると
 
 
「怒りっぽい人」と
 
 
「怒りっぽい人に対して
我慢に我慢を重ねて
突如盛大にブチ切れる
めんどくさい人」の
 
 
相性最悪カップルの出来上がりなんです。
 
 
 
「パートナーが怒りっぽくて
八つ当たりされてストレスが溜まります。
どうしたら良いでしょうか?」
  
 
なので、これに対して
どうにかパートナーを変えようとする…
より「前にまず」
自分に向き合いましょうね、という事です。
  
 
何をするかというと
 
まずは
 
・自分の幸福を相手に預けるのを辞める
  
 
と言う事です。
 
 
 
「パートナーが優しくなってくれたら…」
「パートナーが◯◯してくれたら…」
 
 
これをいったん全部諦めてみてください。
 
 
(昔の私はこれを絶対に考えたくなかったのでw
泥沼にずっと居ました)
  
 
あなたが 
たった1人だとして
 
パートナーが居る居ない
関係なくて
たった1人だとして
 
 
幸せかどうか?
 
 
自分の足で立ってるかどうか?
 
 
 
もし
幸せじゃないなら
何が足りない(気がしてる)のか?
 
 
 
もし
1人じゃ生きていけない…
とか
1人じゃ寂しい…
1人じゃ耐えられない…
 
 
 
と思ってるなら
 
それはいつから?
そして、何故なのか?
 
 
「誰にも求めて貰えないなら価値がない」
なら、
 
そもそも
「価値がない私」をベースに
なんとかそうじゃなくなるように
頑張って生きてるって事ですよね。
 
 
  
そもそも
そのままの私じゃ価値がないと思ってる。
 
 
けど
誰かに愛されたら価値がある
より素敵な人に愛されたら
もっと価値がある…ような気がするんです。
  
 
 
(でもね、
ゼロに何を掛けてもゼロです。
価値がない私がベースだと
すべて負け戦です。キッパリ。)
 
 
この
自我の仕掛ける
「恋愛によって欠乏感を埋めようぜゲーム」
 
 
本当の意味で欠乏感が埋まる事はないので
やめときましょう。
  
 
 
(恋愛ゲームが本当に心からワクワクして
やりたい人はやれば良いと思うけどね)
 
 
 
「1人じゃ寂しすぎて生きる気力が湧かない」
 
 
 
その、どうしようもない寂しさ
どうしようもない孤独
どうしようもない絶望を
 
 
パートナーに何とか埋めて貰おうとするのは
やめときましょう。
 
 
パートナーからしたら
自分の心の穴でもない
身に覚えのない
底無しの穴を 
延々に埋め立てさせられるようなもんです。
 
 
 
大人なら
自分の心の穴は
自分で埋めましょう。
   
 
 
自分の心の傷は
自分でケアしましょう。
  
 
大丈夫。
 
 
自分で自分の
心の穴ぼこのケアが出来る人が 
  
 
ゆくゆくは、
パートナーとも幸せな関係を作れるようになるんです。
 
 
まずは
自分1人で
めちゃくちゃ幸福になってしまいましょう。
 
 
幸せな人に
幸せな人は引き寄せられ
 
満たされている人との関係は
満ち足りたものになっていきます。
 
に続きます。
 
 

「パートナーが怒りっぽい」前編」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「パートナーが怒りっぽい」後編 | Love your truth 自分に優しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です