うっすらと陥っている悪夢

うっすらと全員が陥っている
悪夢から目覚めよう。
 
 
この肉体を守って
生き延びなくてはいけない…
なるべく
有利な条件を手に入れて
なるべく
長く
快適に
生き延びなくてはいけない…
 
 
この
愛すべき、肉体という幻の夢たち。
 
  
 
そして、
「私の存在価値」
価値を守って
高めて 
愛されたり
受け入れられたり
賞賛されるような
「私の存在価値」を
守って…
 
 
 
価値が高まるように努力したり
他の人と競って勝てるように
磨き上げたりしなくてはいけない…
 
 
私たちはいつの間にか
そう思い込まされている。
 
 
 
本当は
肉体そのものではなく
 
 
本当は
時代がジャッジした「価値」ではない私たち。
   
 
 
この世界は
とても巧妙な
Open secretだ。
 
 
全員がもれなく陥っている
 
 
人生を有利にサバイバルしなくていけない
という
悪夢から目覚めよう。
 
 
生きていく怖さは、本当にリアルで
怖いね。
死ぬほど怖い。
 
 
だから騙されないようにね。
 
 
自我が仕掛ける悪夢に酔うのは簡単だ。
 
だけどそれは本当の事から遠ざかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です