トラウマとポリヴェーガル理論の会

私のずーっとハマっている「トラウマ」と 
2年ちょっと前からハマり出した「ポリヴェーガル理論」についてを
 
私が好き勝手にトラウマとポリヴェーガル理論について語る会、 
第5回!開催致します。 

(いつも、お付き合い下さる皆様、ありがとうございます)  
 
第5回は、 
2月1日土曜日の13時〜です。 
(※日本時間です。ヨーロッパ時間に優しくなくてゴメン…!!) 
 
オンライン(zoom)で開催致します。 
参加費、無料です。 
 
私がだいたい60分ぐらい一方的に喋り続けて…
 
そのあと、質疑応答タイムを取りますので、 
念のためトータルで90分ぐらいみておいて下さい。  
  
「どうしてトラウマってなるんだろう?」  
  
「頭で大丈夫って分かってても、どうしても怖い理由は?」 
  
「哺乳類に【のみ】存在する迷走神経って何…?」
 
「てか、ポリヴェーガル理論って何…?」 
 
「身体の仕組み、自律神経について、知りたい」
 
という初心者の方、大歓迎です。  
  
自律神経を整える!ということが、心身の健康に大切である。 
という事を語る時、 
理解しようとする時、 
 
これからはポリヴェーガル理論を理解することが大切になる、
と、思っています。 

 
☆お申し込みフォームはこちら☆ 
  
 
ポリヴェーガル理論、 
めちゃくちゃ奥深く、面白いです!!! 

津田真人さんの本、ものすごく…ものすごく面白いです。はぁ。好き。 
 
 
参考書籍は↑こちらの本たちです。 
 
ポリヴェーガル理論 入門 
↑ 
ポージェス博士が色んな方と対談しているのを花丘ちぐささんが翻訳。 
この本、難しい〜って言う人も多いですが私は大好き。 
(もちろん、素人には難しい所もありますけれどもね…) 
 
「今ここ」神経系エクササイズ 
↑ 
浅井咲子さんの本です。 
これ、今現在、ポリヴェーガル理論について 
一番簡単に(日本語では)教えてくれてる本だと思ってます。
お勧め♪ 

発達性トラウマ障害のすべて   
↑ 
これはムック本です。  
杉山登志郎先生とか、花丘ちぐささんとか…
色んな有名トラウマ業界の方々が記事を書かれています。 
これもめちゃ面白いです!!
 
「身体に閉じ込められたトラウマ」
↑ 
これも参考書籍として欠かせないです。  
ピーター・A・ラヴィーン氏(SEの開発者の先生)の本。
  
 
※今まで参加して下さった方のご感想※ 

 
「すごく大事な事を再確認出来て、良かった」 
 
「有意義で情報盛りだくさんでした」

「すごく分かりやすかったです」 
 
「何回も聴きたい内容だった」 
 
「トラウマに対する考え方が変わりました。」
 
「ちえちゃんの語りがとても分かりやすくリラックスして  
大丈夫なんだなぁと思えました!」 
 
「説明分かりやすくて素晴らしかったです」 
 
「わかりやすくてとても楽しかった」 
 
「落ち着いた語り口が良かった」 
 
「大まかな理論がわかりました。
ポリヴェーガル理論の本が読めるかも」

「すごく参考になりました」   
 
「とても分かりやすく噛み砕いて説明してもらえました。 
本を読んでも難しい用語が入って来なかった私には 
すごく良かったです」  
   
「とても心安らぐ時間を過ごせました」  

「トラウマは漠然と心だけの問題だと思っていたので、 
よくわからない、怖い、解決するのが難しい問題だ、 
などというネガティブなイメージしかもっていませんでした。
ですが、今日、
体の反応という視点から考えることができて、 
ポジティブな面があることが分かってホッとしたし、 
体って、私たちって、すごい!!と誇らしい気持ちも出てきました!」 
  
  
たくさんの反響をいただいております。  
(優しいコメントいっぱい…ありがとうございます(T . T))

事前の知識は特に要りません。  
どうぞご安心ください。 
      
☆トラウマポリヴェーガルお申込みフォームこちら☆ 


 
お待ちしております〜〜〜☆
  
それにしても、同じ話を何度もしていると飽きてしまうので、笑 
満足できたらその録画をアップして終わろうと思っているのですが… 
もうちょっと時間がかかりそうです…
自律神経むずかしい…(気弱な本音)